おかげさまでソフトケア25周年

1989年、コープ初の自然派化粧品として生まれたソフトケア。祖母から母へ、母から孫へ、使い継がれて25年。良質な天然へちま水を配合したナチュラル&シンプルなスキンケアシリーズソフトケア。これからも、組合員の皆さまの健やかな素肌づくりのためにー

へちまのふるさと一迫はこんなところ!

へちまのふるさと一迫はこんなところ!

ソフトケア第1号から、変わらずへちま栽培をしているのが日本の東北地方宮城県栗原市一迫。秋田県と岩手県の境に聳える名峰栗駒山山麓に広がる田園地帯で、肥沃な大地と自然に恵まれた土地。ソフトケアの良質な天然へちま水は、豊かな大地と自然から贈られる宝物です。

春の種まきから秋の採液まで。農家の方の手が抜けない作業で。

春の種まきから秋の採液まで。農家の方の手が抜けない作業で。

農家の方たちによって、大切に育てられたへちまから採液されます。農薬は一切使わず栽培されるので、真夏の草取りなど農家の方の苦労はひとしお。天然へちま水は、毎年、中秋の名月の頃、各農家で一斉にへちまの茎を切り、一滴一滴集めらます。

へちま水は検査を繰り返し工場へ。厳しいチェックを経て「ソフトケア」に。

へちま水は検査を繰り返し工場へ。厳しいチェックを経て「ソフトケア」に。

各農家から集められたへちま水は、町のへちま加工処理センターで検査され保管、国内トップクラスのクリーンな製造環境を持つサンスター徳島化粧品工場へ。さらに何段階もの品質検査を経て、「ソフトケア」となり全国のコープを通じて、皆さまのお手元へ。

25周年を記念して組合員さんからの要望も多かったスキンローションの大容量ボトル(250ml)をつくりました!!

  1. 穏やかなうるおいをたっぷり使える大容量
    (通常サイズの約1.6倍)
  2. ふたの開け閉め不要の楽チンポンプボトル
  3. 組合員さんが選んだ特別デザイン