メイキャップスクール卒業後、海外ブランド化粧品のフィールドコンサルタントとして美容とメイクアップ技術を磨く。その後フリーとなり、ブライダルヘアメイクを中心に、フェイシャル&ボディエステ、メイクレッスンなどを行う自身のサロンも持ち、活動を続けている。

忘れないで!冬のUVケア

冬の肌には、クリームで「コート」を着せてあげて

化粧水、乳液は日ごろのお手入れで使っていても、クリームまで手を伸ばすのは「なんだかちょっと面倒…」と感じる人が多いようです。
中には「クリーム特有のベタつく感じが苦手で…」という人もいるかもしれません。乳液に比べて水分が少なく油分が多いクリームは、肌に浸透するのに時間がかかるため、どうしても使用感が重くなってしまったり、ベタつく感じが肌に残ってしまいます。
しかし、本格的な乾燥が始まる12月は、保湿ケアも冬仕様に切り替えるとき。
肌は乾燥するとキメが荒れ、肌が本来持っているバリア層である角質層のはたらきがよわくなります。そのため、湿度が下がると、外部からの刺激を受けやすくなるのです。
冬になってコートを着て体を守るように、肌にもクリームでしっかりとバリアをして、これから始まる厳しい乾燥の日々に備えましょう。
B(紫外線の年間変動)

肌断面図

「やわらか肌」で、ターンオーバーを保ちましょう

私たちの身体は気温が下がると、体温を維持するために末梢血管を収縮して身体を守ります。そのためどうしても血行が悪くなり、肌も固くなってしまいがちです。
血行が悪くなると、代謝のスピードもスローダウン。その結果、肌のターンオーバーもどんどん遅れてしまい、シミやシワの原因にも。
そこでおすすめなのが、お手入れの最後にクリームを塗りながら肌をマッサージをする「クリーム保湿」。
伸びのいい保湿クリームをたっぷりと使って肌をマッサージすれば、ゴワゴワの冬肌もモチモチふんわりに。うるおいに満ちたやわらか肌で、乱れがちな冬のターンオーバーを正常に保ってあげましょう。

ターンオーバー概念図

池田さんコメント

皮膚が薄く乾燥しやすい目元口元には、化粧水のあとにエッセンス(集中保湿美容液)もお忘れなく。指先に美容液を米粒大取り、指の腹を使ってやさしくトントンと、シワを抑えるようにはたき込むと、ピン!としたハリを実感できるようになるはず。

 池田祐子さん直伝!クレンジングテクニック  池田祐子さん直伝!クレンジングテクニック  池田祐子さん直伝!クレンジングテクニック  池田祐子さん直伝!クレンジングテクニック
エンリッチドクリーム & エッセンス(集中保湿美容液)

スキンケアアドバイザー池田裕子さんが、使ってみました!

エンリッチドクリーム

  • サラッとしていて浸透しやすいので、朝使ってもさっぱりと仕上がります。
  • 乳液に重ね使いしてもベタつきにくいので、乾燥する時期は重宝します!
  • するすると伸びがいいのに、しっかりうるおう。ここちよいテクスチャーです。
  • 伸ばしたときの指すべりがいいので、マッサージクリームにも最適ですよ。
ソフトケア エンリッチドクリーム

エッセンス(集中保湿美容液)

  • ビックリするほど浸透がよい! たっぷり塗ってもベタつきがほとんどありません。
  • 集中保湿美容液を塗ったあとにコットンパックをすると、肌のふっくら感がアップします。目元などの気になる部分にはぜひやってみてください!
ソフトケア エッセンス(集中保湿美容液)
今月のソフトケア体験レポート