メイキャップスクール卒業後、海外ブランド化粧品のフィールドコンサルタントとして美容とメイクアップ技術を磨く。その後フリーとなり、ブライダルヘアメイクを中心に、フェイシャル&ボディエステ、メイクレッスンなどを行う自身のサロンも持ち、活動を続けている。

見えない“乾き”にご用心!

基本の保湿で、紫外線にも負けない肌へ

蒸し暑い日が増えてくるこれからの季節、「汗や皮脂などでべたつく」という理由から、保湿を控えめにする人もいます。しかし、たとえ湿度の高い夏であっても、冬と同じように保湿をしてあげることが大切! 今回はそんな「初夏の保湿」についてお話します。

さわやかで過ごしやすい初夏は、お出かけも増える季節。でも紫外線は夏に向かってどんどん強くなり、肌へのダメージは少しずつ増えていきます。

繰り返し紫外線の刺激を受けると、肌表面の角質層のキメが荒れ、肌が本来もっている「紫外線をはねかえす力」や「内側から水分を逃さない力」(バリア機能)に影響を与えます。 バリア機能が低下すると、角質層に水分を保つことができず、肌がさらに乾燥して、柔軟性を失い、ますます紫外線や外部からの刺激に弱くなって、もっと深刻化させることに。

「紫外線をはねかえす力」や「内側から水分を逃さない力」(バリア機能)

バリア機能

表皮の中でも角質層や顆粒層は、入ってきた紫外線をはねかえしたり、肌の内側の水分が外に逃げないよう守ろうとする「バリア機能」を持っています。

 春~夏にかけては、紫外線や乾燥・汗・皮脂などの刺激やダメージを受けやすく、角質層のバリア機能が低下し、スキントラブルを起こし やすくなります。角質層のバリア機能を維持するためにも、角質層の水分補給・保湿を心がけることが大切です。

池田裕子さんおすすめ!基本の保湿コース

基本の保湿コース
「基本の保湿コースを一度やってみると、肌が水分を補給するってこんな感じなんだ!と実感できるはずですよ」と、池田さん。コットンパックは毎日、それも朝晩にできれば理想ですが、時間がなく難しい人は、夜だけ・1日置きのパックを心がけてみましょう。

しっかり水分が入ると素肌がひんやりクールダウンします。肌が少し冷たく感じたら、うるおったサインと覚えておきましょう。

乳液のべたつきが苦手な人も、ローションでしっかりうるおいを与えたあとなら、乳液が肌になじみやすく、べたつきが気になりにくいそうです。乳液の油分にはお肌の水分を閉じ込める役割があり、乾燥から肌を守ってくれます。いつもより乾燥していたらプラスしたり、べたついていたら控えめにつけたり、自分の肌状態に応じて量を調整することが大切。べたつくからといって乳液はヤメ!にはしないでくださいね!

スキンケアができているかどうかは、「テカリ、毛穴が目立たなくなった」「ファンデーションをつけたあとの肌を明るく感じた」「お化粧のノリが良くなった」などと感じられるかどうか。これらが実感できたら、肌にうるおいが保たれている証拠です。

ソフトケア スキンローション

「しみこむ」という感じが実感できる大好きなアイテム。

へちま水85%の自然素材のうるおい成分がベースになっているのでべたつきにくく、なじみがいいから、お顔だけでなく、首筋、デコルテなどにたっぷりと使っています。

目が疲れたときは、スキンローションをたっぷりとふくませたコットンを半分に裂いて目元に貼り、サランラップを置いた上にホットタオルをあてて蒸しています。

タオルの温かさで目のまわりの緊張はほぐれ、ローションパックで目元は潤う。しかもヘチマのやさしい香りでホッと癒されますよ♪

ソフトケア愛用者がおすすめする
イチオシアイテムをご紹介。

今回は、20年にわたり、母娘2代でスキンローション愛用されている一迫のへちま生産者の後藤晶子さんです!

今回は、20年にわたり、母娘2代でスキンローション愛用されている一迫のへちま生産者の後藤晶子さんです!

「ソフトケアスキンローションは、さわやかな香りで気兼ねなく思い切りバシャバシャ使えます。」

とおっしゃる晶子さん。お母様のきみゑさんも、夏は特にたっぷり使うそう。 へちまを育てる土壌の肥培管理には特に気を使っているという後藤さん。 これからも安全・安心なへちまづくりをよろしくお願いします!